GTMあれこれ

GTM(GoogleTagManager)とは?基礎から実践まで詳しく解説

eye

こんにちは。
Webコンサルタントとして活動しているホンダと申します。

今回はGoogleが無料で提供しているタグマネジメントツール「GoogleTagManager」について詳しく解説していきます。

この記事はこんな人にオススメです

・自社/クライアントの計測タグをまとめて管理したい。
・計測タグがうまく動作していない時がある。
・上司や代理店から「GTM」という言葉を聞いたけどよくわからなかった。

(‘ω’)<そんな方へオススメだよ

GoogletagManagerとは?

GoogleTagManagerとは、その名の通り『Googleが提供するTag(計測タグ)をmanagement(管理)するツール』です。

WEBサイトを運営しているとサイト内にどれだけのユーザーが訪れ、どんなページをみてお申込みやお問い合わせにつながったのかなどのアクセス解析をしていきますね。

アクセス解析をするためにはサイト内に計測タグというものを埋め込む必要があります。
この計測タグは計測するためのツールで「タグを発行」により入手することができます。
発行されたタグをウェブサイトのHTMLに埋め込むことによってアクセス解析をすることができます。
逆にタグを埋め込んでいないといくらサイトにユーザーが訪れても何人訪れたかなどを知ることが困難です。

そんな大切なタグですが、発行や削除の度にサイト上のHTMLを編集しなければならないため、手間がかかり、間違ってほかのタグを削除してしまった・・・などのリスクも発生する可能性があります。

しかし、GoogleTagManagerを使用してタグを管理すると、都度HTMLを編集する必要がなくなり、
タグの削除や設置が簡単にできてしまうのです。

GTM使う前 GTMを使うと

ではGoogleTagManagerの基本的な仕組みをさっくり学んでいきましょう。
基本的な仕組みを知らずに使うのと、なんとなくでも知って使うのでは上司やクライアントに説明するときに大きな差があるので、
サクッと学びましょう。

GoogletagManagerの仕組み

まずは、GoogletagManagerを使うとどのように計測が行われるのか、
Google広告のリマーケティングタグを例にタグが発火しリマーケティングが開始するまでの流れをざっくり見ておきましょう。
(☝タグが発動することを「発火する」と言います。)

流れ

ユーザーがサイトに訪れて、リマーケティングタグが発火するまでの流れは上図のような形になります。基本的にはリマーケティングタグや計測タグなどのGTMで設定するタグはこの流れでタグが発火するので、GTMの基礎を見ていく前に覚えておきましょう。

次に、GoogletagManager内の構成を見ていきます。

GoogleタグManagerは
・アカウント
・コンテナ
の2つの要素で構成されています。

このコンテナの中にタグやトリガー、変数という要素が入ります。

GTMとは

↑イメージとしてはこんな感じですね。

アカウント

アカウントはコンテナをまとめ、管理する役割があります。
本屋さんで例えると「本屋さんの建物」です。

コンテナ

コンテナはタグを設置していきたいサイトのことです。
1ドメインごとにコンテナを分けて管理します。
本屋さんで例えると「漫画コーナー」や「辞典コーナー」といった本の種類ごとのコーナーといったところしょうか。

GTM

例えば、上図のようにA社が「aaa.jp」「aaa1.jp」の2つのサイトのタグを管理したいとすると、まずアカウント「A社」を作成し、コンテナ「aaa.jp」「aaa1.jp」を作成します。

作成したコンテナの中には、ワークスペースという作業場が用意されます。
このワークスペースの中でタグやトリガーなどの編集や公開が行えます。

それでは、タグとトリガー、変数について一気に解説します。

タグ

埋め込みたい計測タグのことを指します。
次に解説する「トリガー」で設定した条件が満たされた場合に設定したいページに発動されます。先ほども述べましたがタグがトリガー条件を満たして発動されることを「発火する」と言うことが多いです。

トリガー

トリガーはタグを発動させるための条件を指します。
このトリガーで条件を設定して、条件を満たすとタグが発火し作動します。
設定できるトリガーは無数にありますが、よく使う2種を紹介します。

ページビュー

コンテナ内の特定のページが閲覧されたときにタグを発火させる設定です。
ページビューでは、対象となるページを設定する際、「すべてのページビュー」と「一部のページビュー」から選ぶことができます。

すべてのページビューは文字通りコンテナ内のページのうちいずれかが1ページでも閲覧された時点をトリガーとすることができます。
サイト全体への流入数を計測するGoogleアナリティクスを使用する時や、サイト内に訪れた人全員をリマーケティングの対象としたい時などに使用します。

一部のページビューではコンテナ内の一部のページが閲覧された時点をトリガーとします。
お申し込み完了ページ(サンクスページ)を一部のページビューでトリガーと設定することで、コンバージョン(お申し込み完了数)の計測をすることができます。

クリック(リンクのみ)

コンテナ内のページ内クリックを計測することができます。
アンカーリンクボタンのクリックを計測したり、電話番号のタップされた数を計測することができます。

そのほかにも設定できるトリガーはたくさんありますので、この記事を読み終えて設定する際に調べてみてくださいね。

変数

変数はユーザーの行った行動を計測するためにあらかじめGTM側で設定しておくためのものです。
変数には大きく分けて2種あります。
「組み込み変数」と「ユーザー定義変数」です。

組み込み変数

組み込み変数はGTMに最初から用意されている変数です。
しかし初期設定では基本的な5つのみしか利用できる設定になっておりません。変数デフォルト例えば、クリックを計測したい場合には変数「クリック」の各変数にチェックを入れて、トリガーやタグの設定を行う必要があります。

ユーザー定義変数

ユーザー定義変数は、組み込み変数で用意されていない変数を、自由に設定することができます。
基本的にはGoogleが最初から用意してくれている「組み込み変数」のみで事足りることが多いので、あまり設定することはないかもしれません。

GTMタグ設定手順

GTMでタグの設定を行う際の手順としては以下のようになります。

1.埋め込みたいタグを用意する
計測を行いたいツールからタグを発行します。

2.トリガーの確認を行う
コンバージョン計測をしたいなら一部のページビューでサンクスページのページビュートリガーなど埋め込みたいタグに紐づけることができるトリガーが準備されているかを確認します。
まだ準備ができていないようであれば、紐づけることができるトリガーを設定します。
(新規で登録する場合、トリガーを設定する際に必要な変数が利用可能かを確認し、利用できないようであれば必要な変数にチェックを入れます。)

3.タグの設定とトリガーの設定が終わったら「プレビュー」で事前動作確認を行い、問題なく動作していることを確認し「公開」を行う。

ここまでがGTMの設定手順となります。

実践してみよう

では、実際にGTMを導入して、タグの設定から「プレビュー」、「公開」までを解説していきます。
公開までの流れは以下のようになります。

1.GoogleTagManagerへアクセス
2.アカウントの作成
3.コンテナの設定
4.サイトのHTMLにGTMタグの設置
5.ワークスペースでタグを設定
6.プレビューで動作確認
7.問題ないことを確認して公開

1.GoogleTagManagerにアクセス

GTMURL
リンクです☞ https://marketingplatform.google.com/about/tag-manager/
※リンクを押す前にこの記事を見ながら設定できるようにブックマーク!

公式サイトにアクセスして、右上の「無料で利用する」をクリックします。

2.アカウントの作成

アカウント

アカウントの設定のアカウント名に自社の名前(クライアント名)を入力し、
お住いの地域を設定します。(「日本」は一番下までスクロールし、「仏領ギアナ」と「南極」の間にあります。)

3.コンテナの設定

コンテナ次にコンテナの設定です。

コンテナ名にはドメインを記入します。
「_」で始まる名前や予約文字(!、@、#、$、< など)を含む名前は指定できませんので
https://esportsjapan595.com/」の場合だと「esportsjapan595.com」と入力するします。

入力が終わったらターゲットプラットフォームから「ウェブ」を選択します。
(目的に合ったものを選択します)
最後に「作成」をクリックします。

「作成」すると利用規約が出てくるので、右上の「はい」を押しましょう。
これでアカウントとコンテナの作成が完了しました。
(‘ω’)<あと半分です!頑張りましょう!

4.サイトのHTMLにGTMタグの設置

GTMコード

さて、コンテナの設定まで完了すると、GTMをサイト内に設置するためのタグが発行されます。こちらのタグを指示通りにすべてのページに埋め込みましょう。もしここでタグを埋め込む前にタグ発行画面を閉じてしまっても問題ありません。

 

上のように、アカウントIDをクリックすることですぐにタグを確認することができます。

5.ワークスペースでタグを設定

GTMの導入が終わったら次はいよいよタグを設定していきます。
設置したいタグをGTMのワークスペースを使って設置しましょう。
今回は例としてGoogle広告のコンバージョンタグを設置していきましょう。

ではまずはトリガーの設定をしていきます。
まず、コンバージョンタグを埋め込みたいお問い合わせ完了ページのURLを用意します。
お問い合わせ完了ページの用意ができたらGTMで「トリガー」を開き、トリガーを「新規作成」します。

GTM

「トリガーのタイプを選択」で「ページビュー」を選択します。

 

トリガー2
次に上記のように
・一部のページビューを選択
・「PageURL」+「含む」を選択し、コンバージョンポイントに設定したいページのURLを貼り付け。
・トリガーの名前を設定
し、保存します。

トリガーの準備ができたら、タグを設定していきます。

タグの設定の前にまず、別タブでGoogle広告にログインして、
対象のアカウントの管理画面に入り「ツールと設定→コンバージョン→計測したいコンバージョンを選択→タグを設定する→GoogletagManagerを使用する」の順番で
「コンバージョンID」と「コンバージョンラベル」を表示させます。

GTM16

 

GTMでタグを開き、タグの新規作成をクリックします。
「タグタイプの選択」で「Google広告のコンバージョントラッキング」を選択します。

GTMたぐ

 

次に、Google広告で表示させたコンバージョンIDとラベルをコピーし、貼り付けます。
(コンバージョンリンカーと詳細設定は今回は省きます。何も変更せずともOKです。

 

貼り付けたら次はタグを発火させる条件となるトリガーを紐づける設定です。
トリガーとして先ほど作成した「お問い合わせ完了」のトリガーを選択します。

トリガー3

選択したらトリガーの名前を設定し保存します。
次は全ページに設置が必要な「コンバージョンリンカー」を自分で設定してみましょう!

6.プレビューで動作確認

タグの設定が完了したら、プレビューモードで問題なく動作するかを確認します。

GTMのワークスペースで「プレビュー」をクリックし、
プレビューモードになったら対象のタグを設置したいページ(今回であればサンクスページ)にアクセスし、タグの動作を確認します。
タグが動作しているのを確認したら、プレビューモードを終了します。

(※Ghostryなどのブロッキングツールを使用してるとうまくプレビューできない可能性がありますので、プレビュー時のみ「サイトを信頼」していただければOKです)

7.公開

プレビューで問題なく動作しているのを確認したら、公開をクリックします。
その際にバージョン名を入力しましょう。
バージョン名は公開時にどんな変更や追加を行ったかがわかるような、わかりやすい名前が良いです。

バージョン名を入力し終えて、右上の「公開」をクリックしたら
GoogletagManagerを使用したタグの設置が完了です!

お疲れ様でした!

まとめ

GoogletagManagerを使うとかなりの手間やミスのリスクを抑えられます。

また、今回解説した内容は奥深いGTMの世界のほんの一部で、
GTMを使えばページの読了率やPDFのダウンロード数なども計測できちゃいます。

まさに無限大なGTM、これからしっかり使っていきましょう!

毎週土曜日にはGTM関連の記事を更新しますので、ぜひまた見に来てくださいね!

ABOUT ME
ホンダ
ホンダ
men's info編集部です。 お役立ち情報を集めるために常に多方面にアンテナを張っています。 令和に向けて走ります。