webマーケティング

GDN(Googleディスプレイネットワーク)の特徴や配信設定、メリットについて詳しくご紹介

GDNアイキャッチ

今回はGDN(GoogledisplayNetwork)の特徴とメリット、配信設定などをご紹介します。
Webマーケティングに携わり始めると「ディスプレイ広告」とか「GDN」「YDN」
といった言葉を耳にすることも増えてきたのではないでしょうか。
今回はその「GDN」ことGoogleディスプレイネットワークについておまとめしました。

そもそもディスプレイ広告って?

疑問
ディスプレイ広告とは、Webサイト上やアプリ上で表示される広告のことです。
フォーマットは3つあり、テキスト、画像、動画で広告を配信することが可能です。

ディスプレイ広告の特徴は何といってもユーザーに視覚的な訴求ができる画像を広告として配信できることではないでしょうか。
画像を使うことによってテキストのみではユーザーがイメージすることができない商品やサービスの特徴や良さなどを簡単にイメージさせることができます。
配信までの流れとしては画像やテキストを設定して、あとは検索連動と同じように審査が通るのを待ち、通ったら配信することが可能です。

また、ユーザーのweb上の行動履歴や興味関心をもとにターゲットを絞り広告を配信することができるため
自社の商品やサービスにあった適切なユーザーに適したタイミングで広告を表示させることができます。
なのでより戦略的に見込み顧客に対して訴求することができ、検索連動広告とは違った角度でアプローチが可能です。

GDNとは?

GDNとは、Googleが提供するディスプレイ広告のことです。
類似サービスとしてYahoo!が提供するYDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)があります。
GDNの配信手法としては下記の3つが一般的です。

GDNの配信手法3つ

レスポンシブディスプレイ広告

GDNテンプレート

各広告キャンペーンに一つまでしか設定できない広告となります。
複数の広告テキスト、画像、ロゴを設定しておくと広告のパフォーマンスが良くなるようにテキストや画像が選定され、自動で最適な広告配信が行われます。
レスポンシブ広告は配信面になじむようなフォントやデザイン、フォーマットで配信されるため、運用初心者でも上級者にもおすすめの手法と言えます。
筆者が運用しているGDNも基本的にこのレスポンシブディスプレイ広告で設定することが多く、パフォーマンスも改善する傾向が多いため是非試していただきたいです。

レスポンシブディスプレイ広告イメージ

レスポンシブディスプレイ広告事例
モバイルでの表示だと上記のような感じになります。

レスポンシブディスプレイ_PC
PCだと上記画像の右のような感じに。
設定内容はPC,モバイルともに上記画像左側のような設定です。
テキストや画像は上記事例だと一つずつしか登録していませんが、もっと複数登録できますので、
実際の運用の際には少なくとも各3つは登録して運用しましょう。
レスポンシブディスプレイ広告設定

イメージ広告

バナー(画像)のみを設定する広告です。
ディスプレイ広告と言われて一番最初にイメージするタイプかもしれません。
バナーを数種類設定して配信し、ABテストを行うことにより広告パフォーマンスの向上を図ることができます。
レスポンシブディスプレイ広告で設定できるバナーは15個までなのでそれ以上の画像でABテストを行いたい方や、
バナーのみで訴求したい方はこちらのイメージ広告がおすすめです。
しかし、レスポンシブディスプレイ広告と比べて「テキスト、ロゴが設定できない」「自分でABテストを行わなければいけない」など
の点を見ると、少し上級者向けの手法なのかもしれません。

テキスト広告

テキストのみを設定するディスプレイ広告です。
テキストのみを配信するのでバナーを作る手間は省けるのですが、ディスプレイ広告のメリットである
「画像・動画で訴求できる」という点に欠けていますので、特に理由がなければレスポンシブディスプレイ広告を選択することをおすすめします。

GDNのポジションとメリット

レーダーチャートGDN

ディスプレイ広告の良さは検索連動広告にない詳細なターゲティング設定ができる点と、
視覚的に訴求できる画像等、利用できる広告フォーマットが豊富という点ではないでしょうか。
それでは利用できるターゲティングの設定について見ていきましょう。

GDNで可能なターゲティングについて

キーワードターゲティング

自社の商品やサービスに合ったキーワードを設定し、設定されたキーワードと関連するwebサイト上に広告を配信するコンテンツターゲティングと、
設定したキーワードに興味関心を持っているユーザーに対して広告を配信するオーディエンスターゲティングがあり、適した広告を選択して配信することができます。

インタレストターゲティング

ユーザーの興味関心をターゲティングし広告を配信することができます。
配信設定の際には以下の3つから選択し設定します。

アフィニティカテゴリ

アフィニティカテゴリでの設定ではユーザーのライフスタイルから興味関心、趣味や好みをターゲティングします。
Googleが事前に設定しているターゲットカテゴリから選択するのですが、「ニュース、政治」「スポーツ、フィットネス」といった大きなカテゴリから
「バーゲンハンター」「映画ファン」「テレビっ子」まで細かいカテゴリまでターゲティング可能です。

カスタムアフィニティカテゴリ

カスタムアフィニティカテゴリはアフィニティカテゴリよりも詳細なターゲティングが可能です。
Googleが事前に設定したもの以外もカスタムしてターゲティングすることが可能です。
自社商品やサービスに興味があるユーザーが見そうなサイトURLやキーワードを設定することで指定したサイトに訪れたり、
キーワードを検索したユーザーに対して配信することができます。

購買意欲が強いユーザー層

「購買意欲が強いユーザー層」では対象の商品やサービスに対して検索したり興味関心を持っているユーザー、
購買を検討しているユーザーをターゲティングすることができます。
細かいロジックは公開されていませんが、アフィニティカテゴリと同じようにGoogleが事前に設定した商品カテゴリから選択して
ターゲティングします。
選択できるものはかなり細かく、「ペット用品」から「日焼け対策用品」など幅広い商品カテゴリから選択できます。

リマーケティングと類似ユーザー

過去にサイトに訪れたユーザーをリマーケティングリスト化しリスト内のユーザーを対象に広告配信ができます。
「過去1週間以内に訪れたユーザー」や「過去一か月以内に訪れたユーザー」など、訪れた日から経過した日数
でもターゲティング可能です。

類似ユーザーはリマーケティングリスト内のユーザーに類似したユーザーをターゲティングすることができます。

まとめ

ディスプレイ広告は幅広いターゲティングや豊富な広告フォーマットが選択でき、
検索連動より視覚的なアプローチができることができます。

SNS広告やSEOでサイトへの流入を増やし、リマーケティングリストを貯めて、
見込み顧客を増やしたらリマーケティング広告で刈り取ったり・・・
ほかの広告とも相性が良い広告なので、まだ試されていない方はぜひ試してみてください。

ABOUT ME
ホンダ
ホンダ
men's info編集部です。 お役立ち情報を集めるために常に多方面にアンテナを張っています。 令和に向けて走ります。