webマーケティング

【超基本】Google広告の種類についてわかりやすくおまとめ

アイキャッチ

Google広告の種類について Google広告の種類は5つあります。
Google広告のフォーマットはユーザーの行動やニーズによって調整され、
ブラッシュアップされ続けています。

クライアントさんや自社のサービスにあったフォーマットを選んで、
適した広告配信を行うことができるように、今のうちにおさらいしておきましょう。

検索連動広告(検索連動)

検索ニーズの図
検索連動広告は検索結果にテキストベースで表示される広告です。
ユーザーが何らかのニーズをもって検索した結果に広告を掲載するので
効果的・効率的に広告を配信できます。

配信地域を指定したり、性別や年齢でセグメントすることも可能。

ディスプレイ広告 (GDN…GoogleDisplayNetwork)

Googleが提携している世界各国のwebサイト、60万以上のアプリ画面上に配信できる広告です。

・検索連動と同じテキストを表示させるテキスト広告
・商品・サービスを訴求する画像を配信するバナー広告
が一般的です。

配信先サイトは属性やキーワードによって絞ることができます。
また、自社のサイトに過去訪れたことがあるユーザーをターゲットに配信するリマーケティング広告も可能です。

動画広告

ヨウツベ

広告用動画を作ってYouTubeにアップロードし配信設定すると
YouTubeやGoogleの動画パートナーサイト上で広告を配信することができます。

Googleで取り扱える動画広告の種類

・TrueView インストリーム広告(動画再生から5秒経過するとスキップ可能な広告)
・TrueView ディスカバリー広告(Youtube上での検索結果や関連動画覧などに掲載)
・バンパー広告(動画再生前後や再生途中に流れる短い動画広告。スキップ不可)

アプリインストール広告

アプリインストール広告

アプリストアの掲載情報を使って自動作成されるアプリ用の広告です。
ターゲティング設定などは特に必要なく、対象のアプリがインストールされた際に課金されます。

ショッピング広告

ショッピング広告

EC(eコマース)に特化した広告です。
対象キーワードは購買に関するキーワードに限りますが、購買意欲の高いユーザーに対して訴求できますので
購入確率の比較的高いユーザーを自社サイトやランディングページに集めることができます。

まとめ

Google広告は様々な種類があり、自社サービスやクライアントのサービスによってマッチする広告フォーマットは変わってきます。
トレンドを追い続けて最適な広告配信ができるようにしましょう。

ABOUT ME
ホンダ
ホンダ
men's info編集部です。 お役立ち情報を集めるために常に多方面にアンテナを張っています。 令和に向けて走ります。